×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠するとおならが多くなる

妊娠するとおなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)が増えるというのは、妊娠したことがある女性ならだれもがごぞんじではないでしょうか?

妊娠すれねおならが増える要因としてはいくつかあり、妊娠・出産(最近では、旦那さんが同室で見守る立会い出産なども増えていますね)のマニュアル本などには必ず記載されています。まず、妊娠したら一気にホルモンバランス(一般的には、女性ホルモンであるエストロゲンとともにプロゲステロンのバランスですね)が変わります。

女性ホルモン(月経周期によって、分泌量が変化します。基礎体温を測ることで、その周期を知ることができるでしょう)が大量に出て、体の中の受精卵を守る身体へと変化しますのです。このように、 ホルモンバランス(乱れることでニキビや肌荒れなどの皮膚トラブルや生理不順、子宮筋腫、不妊症などが起こるといわれています)が一気に変わることで、交感神経(昼間の活動中に働くことの多い自律神経系ですね)の働きにも影響が出て、その結果、おならが出やすくなると言うのが1つの原因です。

受精卵から成長が進み、大きくなってくると、今度は羊水と赤ちゃんによって内臓が圧迫されるようになるでしょう。このため、妊娠中期以降になったのであれね、膀胱や腸が圧迫されるために頻尿になったり、便が出にくくなって便秘がちになってしまうみたいです。すると、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)によってもガスがたまりやすくなり、おならが増えてしまうでしょう。

妊娠中期以降は、赤ちゃん(昔から、「子供は三歳までのかわいさで一生分の親孝行をする」なんていわれます。赤ちゃんのうちから、なるべくたくさんの写真や映像を残しておきたいものですね)はどんどん大きくなっていきますから、どんどんその傾向が強くなっていくでしょう。便秘を解消する薬は、場合によっては陣痛を引き起こしてしまう危険もある為、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)薬の服用はお医者さんと相談して処方してもらわなければならないでしょう。

妊娠した女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)はホルモンバランスや交感神経(活発に働いていると、心拍?が増加し、筋肉が緊張して、体が戦闘態勢に入ります)の影響によっておならの量が増え、更には内臓圧迫による便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)もおなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)を増やす原因(どうがんねってもわからないことも少なくありません)となってしまいますので、おならの量が増えてしまうと言われているんですね。

おならが臭いのはなぜ?

おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)は臭いと言われていますが、おなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)のニオイにも個人差があります。ご自身のおならでも、たまに妙にニオイがきついと感じる事もあるでしょう?

おならの正体は、そのほとんどが食事の時に口から入った空気ですので、それ自体には殆どニオイはありません。実は、おならのガスの中の殆どは無臭なのです。しかし、食べた物が消化されるときに発生するガスは、その食事内容や体調によりニオイが発生します。例えば、にんにくといった具合に元々ニオイのきつい食べ物もおなら(のニオイの原因となりますが、肉や魚・卵という動物性たんぱく質(三大栄養素の一つで、生きていく上では必要不可欠です)も、消化分解されるときに臭いガスになるのです。

現代人、特に若い方々は、肉食中心の食事内容のほうが少なくないでしょう。すると、おならのニオイも臭くなります。食事内容自体で言えば、肉食よりも野菜(不足がちだといわれていますね。でも、市販の野菜ジュースではあまり栄養素が摂れないという説もあります)など食物繊維(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)の過剰な食事内容の方がおならのガスの量が増えるではないかと思いますが、動物性タンパク質(どんな食材から摂るかも大切です。

一緒に脂肪も摂ってしまっては、肥満にもつながりかねません)はおなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)の量は少なくても臭いガスと言われているのです。動物性タンパク質(ダイエットするなら、むしろ積極的に摂った方がいいでしょう)の摂取では腐敗性ガスが発生するに限らず、体内の悪玉腸内細菌も増やしてしまいますね。食物繊維(寒天に多く含まれていることから、寒天ダイエットが流行したこともあります)や腸内の善玉菌が少ないと、便秘(場合によっては、排便できても残便感があったり、口から便臭がすることもあるでしょう)の原因にもなるはずです。

体の中に便がたまった状態では、便からガスを発し続けますから、おならの量も臭いも増えてしまってます。そういった意味で言うと、体内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすことで便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)も改善させることができておなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)のニオイを改善することも可能になります。

妊娠するとおならが出やすくなるの?

妊娠するとおなら(欧米では、おならをするより、げっぷをする方が失礼なんだとか)が出やすくなるといわれていますが、これは本当のことなのでしょうか?

結論からいうと、これは本当で、妊娠すれねおならがいつもよりも出やすくなるのです。

妊娠すれね、普段は分泌されない女性ホルモン(感動するのも分泌量を増やすのにいいのだとか)が発生します。

この女性ホルモン(卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンの二種類が有名で、分泌量が減ると様々な不調が現れます)が腸の動きを活発にしたり、鈍くさせてしまう為、おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)が出やすくなるのです。

また、おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)が出やすくなるだけではなく、妊娠中は便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)しやすくなるので、いつもよりも臭いが強くなることが多いでしょう。

このように、妊娠するとおならが出やすくなるのは、ごく当たり前のことですので、回数が急速に増えたからといって気にする必要はありません。

むしろ、出ない方がおかしいので、正常な状態だと思って安心してください。

そして、女性の場合、おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)を我慢してしまいがちですが、我慢のしすぎは体に良くありません。

さすがに人前でするのは恥ずかしいと思うので、一人の時やトイレ(近年では、ウォシュレットや擬音装置がついた公衆トイレも多いですね)でおなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)をして、お腹をすっきりさせてください。

おならの原因
体臭がきつくなる
おならが多い
おならと病気の関係
大腸がん症状のおなら
おならとストレスの関係
妊娠中や産後におならが増える
呑気症の紹介

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード