×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おならの原因

仕事中や会議中など、静かで人の多いところにいるときに突然もよおして困ってしまうのがおなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)になるのです。すぐに抜け出してトイレに行ける状態ならばいいとは言っても、そうでない時にはひたすら我慢と言う方も多いでしょう。

おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)は体内から排出されるガスであることは、みなさんご存知のことだと思います。よく焼き芋をたべるとおなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)が出るなどといいますが、おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)を御存知でしょうか?食べた物が消化されるときに出るガスであると考えている方も多いことと思います。

実際、食べた物が消化されるときに出るガスもおなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)には含まれているんですねが、一番多いのは食事を行ったらきに食べ物と一緒に飲み込んでしまう空気といわれているようです。この成分が、おならの約70%を占めるようです。これに対して食べ物を消化するときに出るガスは、おならの成分である中のたった10パーセントに過ぎありません。では、残りの20%は何なのかというなら、血液中を流れているガスが出てきたものなんです。

おなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)にもくさいおならと、比較的ニオイのないおならがありますが、それは食べ物の種類により決まってくるはずです。いずれにせよ私たちは、食事の時には知らず知らずのうちに食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)と一緒に空気を飲み込んでしまっているということでしょう。これは、たとえ強く意識(失うくらいお酒を飲んでしまうのは、社会人失格でしょうね)したとしても止めるのは難しいんですね。また、おならは、成人なんだったら最低でも1日に100mlたまると言われていますから、完全におならを止めることは出来ません。
http://www.mondial-sexe.com/pms/