×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠すると体臭がきつくなる

妊娠したら体臭がきつくなるといわれていますが、本当のことなのでしょうか?

個人差はあるものの、妊娠すると体臭(年を取ると加齢臭がするようになりますし、胃腸に畭常があると口臭がするようになります)がきつくなってしまうこともあるでしょう。妊娠により体のにおいがきつくなってしまう理由は、以下の2つです。

・便秘(およそ800万人もの人が悩んでいるといわれています)になりやすい
・新陳代謝がアップする

妊娠すると便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)になりやすくなり、排便がうまくできないケースがあります。これは、ホルモンバランスとつわりのせいです。

ホルモンバランスが乱れることで腸内の機能が低下し、便秘になりやすくなりますよ。また、つわりによって食事量が減少してしまうのも、便秘の原因に繋がるでしょう。それに、妊娠すると新陳代謝(細胞の入れ替わりは若い頃は速度が速く、年を取ると遅くなっていくものです)がアップするため、汗をかきやすくなります。汗の量が増えれね細菌と混じりあって、体臭が通常よりも強くなるのです。

妊娠すると体臭(年を取ると加齢臭がするようになりますし、胃腸に畭常があると口臭がするようになります)がきつくなる理由としては、このようなことが考えられます。ただし、本人は体臭がきつくなったと思っていても、周囲はその変化に気づかないこともよくあるでしょう。妊娠中というのは臭いに敏感になるので、自分の体臭も強く感じてしまいがちです。

本人が気にするほど周囲は気にしていないことが多いですし、いずれにせよ一時的なものですから、あまり悩まないようにします。