×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おならが多い理由

おならの量は人それぞれに違いがあるのですが、なんか今日は妙におなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)がたまると感じたり、近頃おならが増えたような感じがすると感じる事もあると思います?

成人が一日にたまるおならの量は、個人差や食事内容・体調などによって違いがありますが、一般的には100ml〜2500mlと言われており、とても大きな差があるのでしょう。百メートルlではコップ半分くらいですが、2五百ミリリットルでは2Lのペットボトル(和製英語なので、海外では通じません)に入りきれませんから。それほど差が出てしまうのは何故でしょうか?

それは、体内にガスがたまりやすい状況になったらおならがふえるということになるでしょう。例えば、サツマイモなどのように繊維質の多い食事をすることによりガスがたまりやすくなるみたいですし、便秘(場合によっては、排便できても残便感があったり、口から便臭がすることもあるでしょう)の人もガスがたまります。そのほかにも、ストレス(過剰に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)や体調不良(人目を引くような派手で威圧的なファッションや化粧を好むことが多いです)で交感神経(興奮状態にあったり、激しい活動をしている時に活性化する自律神経系の一つです)の働きが鈍るとガスがたまりやすくなり、加齢もおならの量が増える原因の一つそうです。

野菜を中心とした健康食は、大変体にはよいのですが、おならの量は増えると言う事になります。また、大腸がん(全体の95%が腺癌だといわれています)等の病気によって、おなら(欧米では、おならをするより、げっぷをする方が失礼なんだとか)の量がふえることがありますから、覚えておいてください。

女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)は特に便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)がちの人が多いので、ガスの量が増えるに限ったことではなく、ニオイも臭くなってしまいますから気を付けたいとされているのです。かつてはおなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)が出るのは健康な証拠と言われていたのですが、病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)の可能性もありますから、おならが増えれねちょっと原因をかんがえてみたいではないかと思います。