×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おならが良く出ると病気?

「おならが出るのは健康な証拠」と言ったのを聞いたことがあるようです?

おならは我慢すると身体のためによくないため、ためずに出しなさいという意味でも、「おならは健康な証拠」といわれていたとなるはずです。しかし、現在では、そうとばかりは言っていられなくなりました。オナラはそれ自体では即病気(先天的なものも少なくないでしょう)といえるものではありませんが、いろいろな病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)となることが知られていますね。

それに、便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)もおなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)の量がふえる原因ですね。便秘(排便がない期間が長く、排便が困難なことをいいます)も余程ひどくない限りは病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)とは言えないと思いますが、やはりいろいろな悪影響を及ぼします。また、意外なになるはずですが、便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)とは真逆の下痢(軟便ともいいます)を繰り返す過敏性大腸炎と言った病気(先天的なものも少なくないでしょう)でもガスが増えるといわれているようです。

一番怖いのは、大腸がんです。大腸がん(盲腸、結腸、直腸、または、肛門管に発生する癌の総称です)の際でも、便が出にくくなったりするためにおなら(我慢するとまれに頭痛などが起こることもあり、体によくないといわれています)の量が増えます。おならのほとんどは、食事の時に摂ってしまう空気です。でも、食物を消化するにあたりもガスが発生する為、胃腸などの消化器官に何かの異常があったり、胃腸の働きを阻害する交感神経(興奮状態にあったり、激しい活動をしている時に活性化する自律神経系の一つです)の働きが鈍ったりする事により、おならの量がふえるかも知れませんね。おならの量が増加するは、誰にでもあることです。ただ、それが一過性では無くて長く続き、食事内容の改善などを行なっても改善しないような場合には、なんらかの病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)を疑ったほうがいいかもしれませんね・