×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大腸がんの症状としてのおなら

日本人(出身県によって様々な個性があるものです)の、特に男性に、近頃急増していると言われている大腸がん(食生活の変化などに伴って、日本でも二番目に多い癌となりました)。実は、大腸がん(全体の95%が腺癌だといわれています)とおならに緊密な関係にあると言う事は御存知でしょうか。おならの臭いの成分は、殆どが食べた食事を消化・分解するにあたり発生するガスです。このガスは、動物性タンパク質(ボディビルダーなどはプロティンで補うこともあるでしょう)の食ことが多いと臭いが強くなり、またニンニクやネギ類などといった硫化水素を含んだ食事もおなら(欧米では、おならをするより、げっぷをする方が失礼なんだとか)の臭いをキツくするんですよ。

餃子を沢山食べた翌日、口臭だけではなく、おならも臭くなるのはこの為となっているんです。以上のように、食事内容によって、おならの臭いは強くなることが知られています。しかし、食事内容とは別に、臭いがキツくなったような場合には注意が必要でしょう。それが一過性のものであれば心配はありませんが、長期間続くようなら、特に中高年(青年と老年の間の年頃をいい、壮年と表現することもありますが、具体的にいくつからいくつまでを指すのかは曖昧です)以降の男性の場合は、大腸がん(盲腸、結腸、直腸、または、肛門管に発生する癌の総称です)や直腸がん(便潜血することもありますが、痔と間違えられることも少なくありません)などを疑ったほうがいいのかもしれないですね。

大腸がん(食生活の変化などに伴って、日本でも二番目に多い癌となりました)や直腸がん(ポリープががんになってしまうことが多いといわれています)が大きくなると便の通路を塞いでしまうので、便秘(器質性便秘と機能性便秘の二種類があります)になりやすくなったり、極度に細い便になったりします。それに、長時間便が出ずに体内に留まるため、強い臭いを発生させるようになるでしょう。それは、腸内で細菌が発生しますのでです。

このように、大腸がんや直腸がん(ポリープががんになってしまうことが多いといわれています)が、臭いおなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)の元になることもありますね。おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)が臭いからといっても即がんを疑う必要はありませんが、長く続く場合には便の状態などをチェックしながら、臨機応変に医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)の診察を受けることがオススメです。