×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

おならとストレスの関係

中高年になってくると、おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)がよく出るようになったという話を聞いたことはありませんか?

「おならは生理現象だから、年齢には関係ないでしょ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あながち間違いとは言えないみたいです。


その要因として、おなら(ナンバープレートには、おならを連想させるへは使われていないそうです)とストレス(過?に受け続けると、体や心の健康を損なってしまう恐れがあります)との関わりがあるんです。おなら(最近では、おならのニオイを吸収するパンツなども売られています)が発生する原因は、口から飲み込んだ空気が殆どのようですが、この空気を飲み込む回数を増やしているのがストレスみたいです。

人間はストレスで緊張していると、自然と唾を飲み込む回数が増えます。この時に、空気も一緒に飲みこんでしまっているのです。中年以降になると、職場での責任(具体的には色々な取り方があるものですが、辞任する、辞めるという取り方も少なくないですね)も重くなりますし、家庭での問題も増えていき、ストレスを感じる機会が多くなる事から、おならがよく出るようになるわけです。

また、緊張などのストレスを感じると、自律神経の交感神経の方が活発化してます。活発になった交感神経は腸の蠕動運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)を促して、肛門の方にガスを誘導し、おならを出やすくしてしまうのです。これは、過敏性腸症候群と呼ばれていて、おなら(欧米では、おならをするより、げっぷをする方が失礼なんだとか)の他にも下痢(急性のものはウイルスなどが原因のことがほとんどで時間の経過と共に回復しますが、慢性のものは重要な疾患の症状であることが多く、何らかの治療が必要です)や便秘といった症状が表れます。ストレスはおならの回数を増やす要因となるのですので、できるだけストレスを感じないようにすることが大切です。

気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)に余裕が持てるように、事前に準備をしておく。充実した趣味を持って、ストレスを発散させるなど、自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)を安定させておく事を心掛けると良いですね。他にも、おなかのマッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)をする、カイロはっておなかを温めるといった事も有効な手段だと思います。